歯肉炎の原因と自宅でデキル簡単な6つの予防

歯茎に挟まった食べ物のカスを取ろうと鏡をのぞき込んだとき、「あれ?歯茎が赤くなってる?」などと、異変に気がついたことはないでしょうか。もし腫れの症状もあれば、それは歯肉炎です。

歯肉炎は、食べ物のカスや細菌などの汚れが歯と歯茎の間に入り込み、赤く腫れ上がってしまう症状のこと。

この歯肉炎は、放っておくと危険です。痛みなどが特にないにもかかわらず、ちょっとした刺激で血も出やすく、何よりもその先に起こりうる、歯周病などの大きな歯の病気の予兆とも言える症状なのです。

しかし、過剰な心配はいりません。この歯肉炎、普段の生活から心がけていれば、症状を改善することも、そして予防することも可能です。
今日から意識し、歯肉炎とは縁のない生活を送るよう心がけてみましょう。

歯肉炎の症状とは?

・歯肉(歯茎の中でも歯に近い部分)が腫れており、赤みを帯びている。これは、炎症を起こしている証拠。通常の健康な歯茎は綺麗なピンク色をしているので、普段からチェックしておきましょう。

・刺激を与えると血が出ることがある。これも歯肉炎のサイン。歯磨きなどを怠り歯の周りに細菌が溜まった状態になると、それを取り除こうという作用が働き、血液が歯肉部分に溜まります。そのため、ちょっとの刺激でも血が出やすくなってしまうのです。

・口のニオイに変化がある。いわゆる口臭と呼ばれるニオイ、これが出てくると、それは歯肉炎のサインかもしれません。食べ物のカスや細菌が溜まることが歯肉炎の原因の一つであることは説明しましたが、それが口内に残っていることでニオイが発生することがあります。

歯肉炎の原因は他にもあります

大事なことなので改めて説明しますが、歯肉炎は、口の中が汚い状態である時に発症しやすくなります。食べ物カスが残っている、歯磨きをいい加減に行うなどが原因で起こることがほとんどです。
そこから細菌が発生し、歯茎に炎症をもたらしてしまうわけですが、口内が不潔であること以外にも原因があるので、それを押さえておきましょう。

・急性ヘルペス性歯肉炎…ヘルペスウイルスへの感染により、それが原因で歯肉炎を発症させてしまうことがあります。乳幼児に多発する症状として知られています。

・薬物性歯肉炎…主にニフェジピンに代表されるような高血圧の薬などによって歯肉炎になることもあります。これは薬の副作用が原因です。

・妊娠性歯肉炎…女性が妊娠する時の女性ホルモンの変化によって歯肉炎が発症することがあります。

食事や睡眠などを改善するだけでも予防効果あり

人間の体を強くしているのは食事と睡眠です。これを正すだけでもあらゆる病気や症状を予防することが可能です。歯肉炎も例外ではありません。
例えば、血糖値の上昇は歯肉炎の原因になると言われているので、甘いものや過剰な炭水化物の摂取を避けるだけでも予防効果が期待できるでしょう。
また、睡眠をしっかりと取り、ストレスなどを溜めないようにすることで免疫力が高まりますので、歯茎の炎症を抑えることができます。

歯肉炎に対応した歯磨き粉を選んでみよう

歯を磨く時に必須のアイテムといえば、歯磨き粉。今ではさまざまな種類が市販されており、歯肉炎予防に適したものも簡単に手に入れることができます。
特に含まれていて欲しい成分は、塩酸クロルヘキシジンやβ-グリチルレチンなど。これらが炎症を緩和してくれるため、買い替えの際には積極的に選んでみるといいでしょう。

歯ブラシの選び方や使い方にも要注意

歯肉炎の原因のひとつである歯茎に残った汚れ、これを取り除くためには、歯ブラシの選択と使い方にも気を遣いたいところ。
歯ブラシはできるだけ柔らかいものを選ぶと、歯茎への刺激を抑えることができるでしょう。また、毛先が細いものを選べば、歯と歯茎に挟まった細かい食べ物カスなどを取り除いてくれます。

歯を磨く時は、歯ブラシを歯や歯茎に対して45度の角度で当てると効果的。傷をつけず、しかし的確に歯と歯茎の間に挟まった汚れをかき出してくれます。

歯茎を清潔に保つデンタルフロスは必須

デンタルフロスを歯を磨く時に併用すると、歯と歯茎の間にある汚れ、あるいは歯と歯の間の汚れをきれいに落とすことができます。もちろん歯間ブラシでも構いません。
ただ歯を磨くだけの時と比較すると、歯垢が20%も多く取り除けるという報告もあります。

デンタルフロスや歯間ブラシは虫歯も予防してくれますから、積極的に使用したいところです。ただ、使い方を間違えると逆に歯茎を傷めてしまう恐れがあるので、正しい使い方で実践するようにしましょう。

タバコは歯肉炎の原因にもなるんです

実は、タバコも歯肉炎の症状を悪化させるもののひとつと言われています。
ニコチンによって血液の流れが滞ると、それだけで栄養が全身に行き届きにくくなりますし、そうなれば抵抗力や免疫力が落ちて炎症などの症状が出やすくなるのは想像に難くないでしょう。
また、タバコは唾液の分泌を抑制する作用があり、これによって口内を清潔に保てなくなる恐れが出てきます。

歯医者さんでクリーニング

気をつけていても、歯肉炎になってしまう人は少なくありません。しかし、歯肉炎であることに早く気がつくことができれば、治療し治すことができます。

歯医者さんでは、特殊な道具を用いて歯やその周辺を清潔にしてくれます。
例えばスケーラーと呼ばれる道具。歯医者さんに行くとよく目にする、先端が曲がっている金属製の棒です。例えばキュレットと呼ばれる道具。これもスケーラーと似た道具なのですが、こちらで歯と歯茎の間の狭い隙間の汚れをかき出すことができます。

このように歯医者さんでのクリーニングによって、初期の症状であれば、治療を行うことが可能なのです。

3DSによる治療

専門医では、『3DS』と呼ばれる方法で治療を行うところもあります。
これは、薬品を用いる治療法なのですが、歯茎に浸み込む薬品を患者の歯型に合わせたマウスピースに塗布し治療する方法です。
この3DSを用いている専門医そのものがまだあまり多くはないので、インターネットで情報を集めた上で相談してみるようにしてください。

普段の生活から気を付けていれば、歯肉炎は予防することができます。仮に、歯肉炎になってしまったとしても、治療することが可能です。
大事なのは、意識を高く保つことと、もし歯肉炎の症状が見られた場合には、すぐに治療に取り掛かること。

歯は、それを失えば、もう二度と生えてはきません。歯肉炎は症状としては軽いですが、それが歯を失う病気につながることを認識した上で、日常生活を改善していく必要があるでしょう。

まずは自宅で出来る予防策などを取ることです。それだけでも9割は症状が改善できると言われているので、ぜひ試してみてください。