歯槽膿漏とはどんなもの?

歯が埋まっている穴のようなところを『歯槽』と呼びますが、そこから膿が漏れ出てしまう状態を『歯槽膿漏』と呼びます。
これは、歯周病が最悪の状態にまで悪化してしまった時の名称であり、そのままにしておくと、歯を失うことにもなるでしょう。

歯周病の状態の一つとして歯槽膿漏という言葉がありますが、これが同じ状態として扱われることもあります。

なぜ歯周病になってしまうのか

口の中を不潔な状態にしておくと、どんどん細菌が溜まっていきます。それが極端に多くなった時、その細菌が歯周ポケットに入り込み、炎症を起こします。
これが歯周病です。

歯周病になると歯周ポケットの深さが増し、さらにそこに細菌が入り込むことで、徐々に歯槽骨と呼ばれる歯が載っている骨が溶け、歯周病が進行していくのです。

歯周病と歯石の関係とは

口の中の汚れが歯に付着すると、歯垢となります。これを放っておくと、次第に歯石となるのです。これも歯周病となるきっかけの一つ。

では、歯石を除去すれば歯周病にならないかと言えば、そんなことはありません。歯周病は歯垢や歯石だけではなく、細菌によって起こるものなので、歯石を除去しただけでは不十分でしょう。

それと同時に、毎日のブラッシング等を丁寧に行い、さらに歯間ブラシなども使うことで、歯周病予防につながります。
直接的な原因ではないにしろ、歯石の除去は歯を健康に保つために必須の作業。定期的に行うようにしましょう。

歯周病に完治はあるのか

歯周病が完治できるかどうかは、どの程度進行しているかによります。初期の段階であれば完治も可能でしょうが、ある程度進んでしまうと、骨の再生治療が必要になったり、特殊な薬剤などを使う必要が出てくるでしょう。

歯槽膿漏と呼ばれる状態になると完治は難しく、歯の喪失は免れません。

歯周病と歯肉炎は同じもの?

歯の炎症や病気には、『歯肉炎』と呼ばれるものがあります。歯周病とは違うの?と疑問に思う人もいるでしょう。
歯槽膿漏と同じで、歯肉炎は歯周病の一種。歯肉炎は、まだそこまでひどい状態ではなく、歯茎に炎症が起きている状態です。

若い人は体力もあり抵抗力も低下していないために、歯茎の炎症でとどまることも多いようです。

歯茎が落ち込んでしまう歯周病

歯周病は、その進行具合によっては、歯茎を落ち込ませてしまいます。こうなってしまったら元に戻すことは難しいでしょう。
戻せるかどうかは歯茎の落ち込み具合などにもより、軽度なものであれば可能性はありますが、そのためには手術が必要です。

例えば、皮膚や骨を移植するのと同様に、自分の歯茎を移植する方法や、骨が溶けてしまっている場合には、それを再生させ歯茎を上げる方法などがあります。

歯科医院でチェック&歯石の除去

歯垢は、そのままにしていれば、それがやがて白い石のようになります。これが歯石です。
唾液には歯に必要な栄養素(カルシウムやリン酸など)が含まれているので、普段は歯を強くすることに寄与してくれますが、歯垢があると、それにカルシウムなどが付着し歯石化しやすくなってしまうのです。

固まってしまった歯石はブラッシングでは除去できません。歯科医院に行き、口内をチェックしてもらい、もし歯石があれば除去してもらいましょう。
これによって、歯周病の進行をストップできるかもしれません。

外科的手術で骨を再生

もし歯周病が進行し歯を支える骨が溶けてしまえば、それはもう唾液などでは再生できません。
このような状態になったら外科的な手術を要することとなり、あるいは薬品を使いながら骨を再生していくほかないでしょう。

歯科医院での定期的なチェックは不可欠

もし外科的な手術、あるいは薬品などにより歯周病を治療した場合には、定期的に歯科医院に通うことが求められます。
骨や歯茎の状態をチェックしてもらい、また、必要に応じてクリーニング治療などを受けることで、歯周病の進行を止めることができるのです。

やっぱり一番は毎日の丁寧なブラッシング

歯周病になってしまった人にとっては少し遅いアドバイスかもしれませんが、やっぱりこれを予防するには毎日丁寧にブラッシングすることです。
歯垢の状態であれば、このブラッシングで除去できる可能性が高い。これを適切に取り除いていれば、歯周病になってしまうことや、軽度の歯周病の悪化を食い止めることができるでしょう。

また、歯周病の治療後にも、もちろん正しく丁寧なブラッシングが求められます。毎日継続することで、自らの歯を守ることができるのです。

まずは歯周病かどうかをチェック

歯周病を心配するのはいいことですが、そもそも自分の歯や歯茎がどのような状態かを把握しなければ、何も始まりません。
初期の歯周病は自覚症状が少ないため、気がつきにくい病気とも言われています。

自身が歯周病かどうか、まずは歯科医院に行き、診察を受けてみましょう。自分の歯や歯茎について知っておけば、歯周病対策にも役立ちます。

骨が溶けてしまっている場合は?

歯科医院で診察を受けた結果、歯周病だと診断され、既に骨が溶けてしまっている場合には、即座に治療を受けるようにしましょう。
必要に応じて人口骨を用い、元に近い骨の状態を作り出し、歯茎などを安定させることができます。

歯周病は歯を抜くこともあります

歯周病の恐ろしいところは、病気になってしまったその箇所だけではなく、他の歯にも悪影響を及ぼしてしまうこと。そうなると口の中全体がボロボロになりかねません。
そうなる前に、これも必要に応じてですが歯を抜き、進行を食い止める必要があります。

具体的な歯周病予防方法

歯周病に関する知識を持つ時に欠かせないのが、予防に関する知識です。と言っても何も難しいことはありません。

毎日の歯磨きは当然のこと、それに加えてデンタルフロスで歯ブラシでは取り除けない部分の汚れを除去したり、あるいは虫歯などがなくても歯科医院に行き、歯全体をクリーニングしてもらうことで、歯周病を予防することが可能なのです。

骨が溶ける、歯を抜かなければならなくなる、そんな状態になる前に予防に乗り出しましょう。そうすれば歯周病を防ぐことは難しくはありません。

自己メンテナンスと歯科医師・歯科衛生士の技術で歯周病治療

歯周病の治療は数ヶ月を要します。状態によっては半年以上、いや、1年以上かかる人もいるでしょう。しかも、治療後のメンテナンス、これも継続しなければいけません。
となれば、時間だけではなくお金も必要になってきます。歯周病になることで失うものは歯だけではないんです。

歯周病は予防できる病気。仮になってしまっても治療が可能です。
予防のためには徹底した自己メンテナンスを、治療する場合には技術や知識を持った歯科医師や歯科衛生士のお世話になることになるでしょう。

これを知っているだけでも、歯周病への意識が変わり、予防、そして適切な治療が受けられるはずです。

まとめ

改めて、歯周病・歯槽膿漏とは、普段の生活、特にブラッシングなどの仕方、食べ物、口内環境などによって引き起こされる怖い病気です。
一度なってしまうと元に戻すことは難しく、ひどい場合には歯や歯茎を失いかねません。

歯科医院でのクリーニングや自己メンテナンスを心がけ予防するとともに、常に状態をチェックし、歯周病の初期段階で発見することによって、歯槽膿漏を防ぐことが重要となってきます。